4169c5f8cd6d9ac7ab3c3fa67d401abc_m

料理のポイント

(1) 脂の多い種類や部位の方が、火を通しても硬くなりにくいのでおすすめ。
(2) 焼き魚は、そのままだと水分が抜けてパサつき飲み込みにくくなるので、あんをかけたりみぞれ煮などにして水分を補うとよい。
(3) ホイルの包み焼きや蒸し物にして、魚に水気を含ませると食べやすくなる。
(4) そのままの形ではなく、一旦すり身にして、つなぎの卵や片栗粉を加えて軟らかさを出し、食べやすい大きさに丸めるのもよい。
(5) いか・たこ・帆立などは、繊維を断ち切るように隠し包丁をいれると食べやすい。細かく刻むと口の中で散らばり、かえって食べにくいことがある。
(6) かまぼこ、ちくわなど弾力性のあるものは、噛み切りにくいので飲み込みにくい。
(7) 蒲焼きや照り焼きなど、表面に濃く味付けをする料理は、味覚が衰えてきても味を感じやすい。

【管理栄養士 永井 由香】

https://i2.wp.com/narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/4169c5f8cd6d9ac7ab3c3fa67d401abc_m.jpg?fit=1024%2C768&ssl=1https://i2.wp.com/narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/4169c5f8cd6d9ac7ab3c3fa67d401abc_m.jpg?resize=150%2C150&ssl=1staff-mお年寄りへの気配りみんなのお部屋料理のポイント (1) 脂の多い種類や部位の方が、火を通しても硬くなりにくいのでおすすめ。 (2) 焼き魚は、そのままだと水分が抜けてパサつき飲み込みにくくなるので、あんをかけたりみぞれ煮などにして水分を補うとよい。 (3) ホイルの包み焼きや蒸し物にして、魚に水気を含ませると食べやすくなる。 (4) そのままの形ではなく、一旦すり身にして、つなぎの卵や片栗粉を加えて軟らかさを出し、食べやすい大きさに丸めるのもよい。 (5) いか・たこ・帆立などは、繊維を断ち切るように隠し包丁をいれると食べやすい。細かく刻むと口の中で散らばり、かえって食べにくいことがある。 (6) かまぼこ、ちくわなど弾力性のあるものは、噛み切りにくいので飲み込みにくい。 (7) 蒲焼きや照り焼きなど、表面に濃く味付けをする料理は、味覚が衰えてきても味を感じやすい。 【管理栄養士 永井 由香】お惣菜店運営のノウハウを提供しています!