ccad08035d2e4fee4b5b5c3fea26936f_m

老化が進むと腸の動きが低下し、便秘がちになります。有害物質が腸内に長く留まり発ガンを招く一因にもなります。
予防になる食物繊維には、水に溶ける水溶性と溶けない不溶性とがあり、水溶性食物繊維は、腸への食物の移動がゆっくりとなり、血糖値の上昇が緩やかになるので、糖尿病を予防する効果があり、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ効果もあります。これは、押し麦や納豆などに多く含まれています。
一方、不溶性食物繊維は植物の細胞壁の成分が主で、腸の中で水分を吸収して膨らむ為、腸の動きを盛んにします。排便回数も増え、発ガン物質やダイオキシンなどの有害物質を吸着して排泄する作用もあります。
特に大腸ガンの予防に効果的です。これは、野菜やきのこ類などに多く含まれています。特にカリフラワーは、淡色野菜の中で最も柔らかく食べやすい上に、不溶性食物繊維が多く、ビタミンCも豊富な野菜です。是非料理に取り入れてみましょう。食物繊維の1日の必要量は15~20gです。

【管理栄養士 堀川 昌代 】

https://i1.wp.com/narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/ccad08035d2e4fee4b5b5c3fea26936f_m.jpg?fit=1024%2C683&ssl=1https://i1.wp.com/narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/ccad08035d2e4fee4b5b5c3fea26936f_m.jpg?resize=150%2C150&ssl=1staff-mお年寄りへの気配りみんなのお部屋老化が進むと腸の動きが低下し、便秘がちになります。有害物質が腸内に長く留まり発ガンを招く一因にもなります。 予防になる食物繊維には、水に溶ける水溶性と溶けない不溶性とがあり、水溶性食物繊維は、腸への食物の移動がゆっくりとなり、血糖値の上昇が緩やかになるので、糖尿病を予防する効果があり、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ効果もあります。これは、押し麦や納豆などに多く含まれています。 一方、不溶性食物繊維は植物の細胞壁の成分が主で、腸の中で水分を吸収して膨らむ為、腸の動きを盛んにします。排便回数も増え、発ガン物質やダイオキシンなどの有害物質を吸着して排泄する作用もあります。 特に大腸ガンの予防に効果的です。これは、野菜やきのこ類などに多く含まれています。特にカリフラワーは、淡色野菜の中で最も柔らかく食べやすい上に、不溶性食物繊維が多く、ビタミンCも豊富な野菜です。是非料理に取り入れてみましょう。食物繊維の1日の必要量は15~20gです。 【管理栄養士 堀川 昌代 】お惣菜店運営のノウハウを提供しています!