惣菜の未来セミナー
5月23日(木) 福岡
6月20日(木) 沖縄
7月4日(木) 仙台
7月25日(木) 名古屋
8月6日(火) 東京
8月22日(木) 福岡
8月29日(木) 大阪
9月5日(木) 広島
10月17日(木) 札幌
11月28日(木) 福岡
惣菜の商品強化セミナー
東京・大阪同時開講
全8回セミナー
 ポイント
・半調理品
・ハーフデリ
・季節対応の商品化
・消費税UP対策
・軽減税率対応
・実践報告と実習

あじの干ものずし弁当

混ぜずしを、さらに野沢菜漬けで巻いて風味高く。見た目にも涼やかで、食欲がわきます。
◆ あじに干ものずし(胚芽米)
◆ 新しょうが甘酢漬け

あじの干ものずし

<材 料 2人分>
胚芽米 2合
すし酢
酢 1/3カップ
三温糖 大さじ1
塩 小さじ1/3

あじの干もの 1枚
いし白ごま 大さじ1
野沢菜漬け 大6枚
塩(きゅうり用) 少々

① 胚芽米は少なめの水加減にし、30分ほどおいて固めに炊きます。
② すし酢の調味料を合わせ、炊きたてのご飯に回しかけて切るように混ぜ、冷まします。
③ 熱した焼き網にあじの干ものをのせて焼き、骨と皮を取り除いてほぐします。
④ きゅうりはせん切りにして塩をふり、しんなりとしたら水気をぎゅっと絞ります。
⑤ すし飯にあじの干もの、きゅうり、ごまを加えてさっくりと混ぜます。
⑥ 巻きすしに野沢菜漬けを広げ、干ものずしをのせて巻き、しばらくおいてなんじだら食べやすい大きさに切ります。

新しょうがの甘酢漬け

<材 料 2人~3人分>
新しょうが 120g
酢 1/2カップ
三温糖 大さじ3
塩 少々

① 鍋に酢と三温糖、塩を合わせ、ひと煮立ちさせます。
② しょうがは皮をこそげるようにしてむき、甘酢に漬けます。食べやすく切って盛ります。

https://narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/natu-03.jpghttps://narita-souzai.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/natu-03-150x150.jpgstaff-mおいしそう!これもお惣菜特選お惣菜レシピあじの干ものずし弁当 混ぜずしを、さらに野沢菜漬けで巻いて風味高く。見た目にも涼やかで、食欲がわきます。 ◆ あじに干ものずし(胚芽米) ◆ 新しょうが甘酢漬け あじの干ものずし <材 料 2人分> 胚芽米 2合 すし酢 酢 1/3カップ 三温糖 大さじ1 塩 小さじ1/3 あじの干もの 1枚 いし白ごま 大さじ1 野沢菜漬け 大6枚 塩(きゅうり用) 少々 ① 胚芽米は少なめの水加減にし、30分ほどおいて固めに炊きます。 ② すし酢の調味料を合わせ、炊きたてのご飯に回しかけて切るように混ぜ、冷まします。 ③ 熱した焼き網にあじの干ものをのせて焼き、骨と皮を取り除いてほぐします。 ④ きゅうりはせん切りにして塩をふり、しんなりとしたら水気をぎゅっと絞ります。 ⑤ すし飯にあじの干もの、きゅうり、ごまを加えてさっくりと混ぜます。 ⑥ 巻きすしに野沢菜漬けを広げ、干ものずしをのせて巻き、しばらくおいてなんじだら食べやすい大きさに切ります。 新しょうがの甘酢漬け <材 料 2人~3人分> 新しょうが 120g 酢 1/2カップ 三温糖 大さじ3 塩 少々 ① 鍋に酢と三温糖、塩を合わせ、ひと煮立ちさせます。 ② しょうがは皮をこそげるようにしてむき、甘酢に漬けます。食べやすく切って盛ります。お惣菜店運営のノウハウを提供しています!